自分の好みやタイプに適したウィッグを探そう

CALENDAR

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ

POST LIST

2017年08月22日
ハーフタイプのウィッグもオススメを更新。
2017年08月22日
ウィッグでいつもとは違う自分を楽しむを更新。
2017年08月22日
自分の好みやタイプに適したウィッグを探そうを更新。
2017年08月22日
耐熱性があるウィッグを選ぼうを更新。

ウィッグは質の良いものを購入

ウィッグは簡単に今の髪型から別の髪型に変えることもできて良いですが、質の良い素材のものを選ぶ必要があります。ですからできれば通販よりも実物を店舗などで見て質感、素材なども確かめたうえで購入していくと良いです。通販の写真で良いように見えても、実際に目で見ると自分の髪には合わないというようなこともあるものです。ですから自分の髪と比較して購入するためにもまずは実物を見てから確認しましょう。
また、ウィッグは頭皮に装着するものでもありますから、通気性も良く痒くならないものを選ぶ必要があります。ウィッグの質が悪いと偽物感がバレバレで恥ずかしい思いをすることもあるので、できるだけ本物に近い形に作られているものを選ぶようにもしましょう。本物に近い形で作られているものというのはそれなりに質も良く長持ちもするものです。
長持ちさせることができれば総合的に見て費用的にも安上がりになることが多いので、ウィッグは質の良いものを購入して長くお気に入りのものを愛用していくというのも良いでしょう。長く愛用していくことによって自分の本当の髪のように扱うこともできますし、最初はなじまない印象でもなじんで思えることもあるでしょう。

ウィッグの種類と相場

ウィッグは大別すると人毛タイプと人工毛タイプの2種類があります。そして人毛タイプは人毛を使用したウィッグで見た目が自然なのが魅力と言えます。ですが人毛100%のモノは水につけると絡みやすくシャンプーする時にはテクニックが必要でケアが大変です。人工毛タイプは化学繊維により作られた毛を使用したウィッグで値段はピンキリと言えます。まるで自毛と間違うようなモノから価格重視のモノまであります。
人工毛タイプは色褪せることがなくヘアアイロンを使用することが出来ますが不自然さが出てしまうのと、静電気を発生しやすいのがデメリットと言えます。そんなウィッグの相場は女性用のモノだと既製品は数千円~10万円程となっています。セミオーダーだと10万円~30万円程でフルオーダーは品質により異なりますが30万~80万程と言えます。インターネットで人工毛のモノを購入すると1万円前後から購入することが可能です。
ただしお洒落用のモノから医療用のモノと用途によっても値段は違いますしフルウィッグを購入するのならやはり大手メーカーで作った方が後々のメンテナンスを考慮すると結果的には安く済ますことが出来ます。自分の好み、タイプに適したウィッグを探してみて下さい。