耐熱性があるウィッグを選ぼう

CALENDAR

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ

POST LIST

2017年08月22日
ハーフタイプのウィッグもオススメを更新。
2017年08月22日
ウィッグでいつもとは違う自分を楽しむを更新。
2017年08月22日
自分の好みやタイプに適したウィッグを探そうを更新。
2017年08月22日
耐熱性があるウィッグを選ぼうを更新。

ウィッグは薄毛隠しにも

ウィッグはお洒落に使うこともありますが、お洒落やファッション目的ではなく、薄毛隠しにも利用できるものです。今は年齢関係なく薄毛に悩む人は多く、そういった薄毛に悩む人にとってみてもウィッグというのは都合が良いものです。帽子などでも薄毛は隠すことができるものですが、帽子もずっと被った状態でいると髪がムレてしまうことにもなりますし、ずっと被っているのもつらくなってしまうことがあるでしょう。ウィッグでもムレてしまうことはありますが、それでも通気性の良い仕様で作られているものであれば不快感なく常用することもできるものです。
また、薄毛というと男性特有の悩みであるとも思いがちですが、最近では男性だけでなく若い女性でも薄毛に悩んだり、ストレスで円形脱毛症になってしまったりすることもあるものです。そうした女性の髪の悩みに対応できるように、女性用のウィッグも多く販売されているので、女性の薄毛隠しにするにもウィッグは都合が良いです。ロングのもの、ショートのものなど髪型も豊富にそろえてあることがほとんどなので、薄毛を隠す目的なのだとしてもいくつか被ってみてどれが一番しっくりくるのか比較するようにしてみても良いでしょう。

ウィッグ選びでチェックするポイントとは

ウィッグは簡単にいつものヘアスタイルを変えられるオシャレアイテムとして女性にはすっかり定着しています。フルウィッグであれば、ショート、セミロング、ロング、カーリーなど種類も豊富です。部分ウィッグや前髪ウィッグで雰囲気を変えるのもいいですね。ウィッグには人工毛、人工毛と人毛のミックス、人毛100%のものがあります。人工毛は質感が不自然、人毛は高額で傷みも気になることからミックスが主流になっているようです。
ウィッグ選びでまず重視したいのは、つむじの形です。米印になっているものを選びましょう。自然な髪に見えますし、ヘアアレンジにも対応できます。次にサイズ。自分に合ったサイズのものをさらにフィットさせるために、調節が可能なアジャスターが付いているウィッグにしましょう。伸縮性と通気性も重要です。そして、耐熱であるかも必ずチェック。ドライヤーやコテを使ってセットができれば、よりウィッグでのオシャレを楽しめます。
気になるのはお手入れです。頭に密着させるので、汗や皮脂で汚れてしまうのは必至です。使用の都度に洗う必要はありませんが、臭いの原因になるので汚れはきちんと落としておきたいですね。ウィッグ専用のシャンプーやケア用品を使うのがベストですが、ぬるま湯を張った洗面器に普通のシャンプーを適量加えて、やさしくもみ洗いする方法でも大丈夫です。